よい釣りをするには

初めてでも大丈夫な海釣り

海釣りをしてみたいけど、どの竿を買えばいいかわからない。

竿や仕掛けを揃えるのが大変そう。

釣りをしてもいい海はどこ?など、初心者ならでは悩みを一気に解決し、手軽に釣りが楽しめる場所があります。

それが海釣り公園です。

公園では竿を貸し出してくれるところがあります。

釣ってみたい魚の種類に応じた仕掛けやエサもセットになっているので、手ぶらで行っても楽しむことができます。

仕掛けはワンタッチで取り付けることができ、糸や針を結ぶ作業がないので、初めてでも簡単に釣りをスタートすることができます。

わからないことがあれば、あちこちにいる職員の方に尋ねてみるのもよいでしょう。

また売店もあり、さまざまな仕掛けやグッズを販売しているため、初心者だけでなくベテランの方も十分に楽しめます。

海では探すのに苦労することがあるトイレや食堂もあるので、一日中遊ぶことのできる施設になっています。

また、足場が整備され、柵もしっかりついているため、お子様や女性も安心です。

親子向けの大会や初心者向けの教室など、イベントを行っているところもあるので、事前に調べて参加してみるのも楽しみの一つです。

もちろん釣った魚は持って帰ることができるので、自分の釣った魚を食べるという醍醐味もしっかりと味わうことができます。

アユ釣りのすすめ

鮎は川の石についたコケを餌とするため、一般の魚のように餌で釣るということはできません。
餌ではなくオトリの鮎をつかった友釣りが人気です。
鮎は餌であるコケを確保するため各個体それぞれ縄張りを持ちます。
その縄張りにほかの鮎が近づくと、体当たりをして追い払おうとします。
友釣りはこの習性を利用して、オトリ鮎に針を付けて野生の鮎(野鮎)を釣ります。
野鮎が掛かるととてつもない勢いで目印がビューンと走ります。
そして、流れに乗って一気に走り、強い引きを見せます。
この瞬間が多くの釣り人たちを引き付けるのです。
友釣りを始めるには道具をそろえなくてはなりません。
竿、ベスト、ウェーダー、タモなど様々な道具が必要です。
道具をそろえたら、仕掛けです。
竿先から順に、天井糸、水中糸、つまみ糸、鼻カンまわり仕掛けと続きます。
最近は完全仕掛けと言って、これらのすべてがすでに出来上がっているものが売られていますので、初めはそれを使うのも良いでしょう。
オトリ鮎をつなげるのは鼻カンです。
オトリ鮎の鼻に鼻カンと呼ばれるフックのようなものを通します。
そしてその先についているサカ針というのをオトリの尻ヒレの付け根に刺します。
そのサカ針の先に野鮎を掛ける掛け針を付けます。
こうしてオトリをセットしたらポイントに送り出してあげます。

recommend

2018/6/7 更新

Copyright 2015 釣りのすべて All Rights Reserved.